新人獣医師ikaと猫のぼたん・ひまわりの生活、ペットグッズを紹介


スポンサードリンク

TOP  <  その他  <  獣医師になるには

獣医師になるには


      RSS 配信中

獣医師のなり方

まず簡単に、獣医さんのなり方について紹介します。

獣医師になるためには、まず獣医学科のある大学に
入学し、6年間の獣医学教育を履修します。

獣医学科のある大学は、
国立に10校、公立に1校、私立に5校あります。

(北海道大学、帯広畜産大学、岩手大学、東京大学、東京農工大学、岐阜大学、鳥取大学、山口大学、宮崎大学、鹿児島大学、大阪府立大学、日本大学、日本獣医生命科学大学、麻布大学、酪農学園大学、北里大学)

6年間の履修後、農林水産省が行う獣医師国家試験の
受験資格が取得できます。

獣医師国家試験に合格すれば、
晴れて獣医師となることができます。



私大獣医学部ペンタゴン(私立の5つの獣医学科のある大学)の資料請求ができます。

獣医師は「動物のお医者さん」としてのイメージが強いです。

しかし、犬や猫などの小動物、牛や豚、馬などの産業動物の獣医師のほかにも、
公衆衛生局農業試験場検疫所などで衛生面の検査などの仕事をする獣医師などもいます。

「獣医師」の職業は、次のものがあります。

  • 犬猫病院長(獣医師)
  • 家畜人工授精師(獣医師)
  • 家畜防疫員(獣医師)
  • 狂犬病予防員(保健所)
  • 支所長(動物検疫所)
  • 食肉用家畜疾病検査員(市衛生検査所)
  • と畜検査員
  • 分室長(動物検疫所)
  • 麻薬研究者(獣医師)
  • 家畜診療所長(獣医師)
  • 家畜保健衛生防疫員(獣医師)
  • 家畜防疫官(獣医師)
  • 検査室長(動物医薬品検査所)
  • 出張所長(動物検疫所)
  • 所長(動物検疫所)
  • 動物薬事官
  • 麻薬管理者(獣医師)

獣医学科のある大学を卒業した新人獣医師進路について調べてみました。
手元には「平成17年獣医関係大学卒業者の進路先状況(全国/本学比較)」の詳細が
あるのですが、全国の主なものだけ紹介します。

  • 個人診療施設:愛玩動物関係 (49.2%)
  • 進学(含む海外) (8.1%)
  • 農業関係団体:農業共済組合 (4.7%)
  • 研修生(含む聴講生) (3.8%)
  • 地方公務員:農林畜産関係 (3.6%)
  • 地方公務員:公衆衛生関係 (3.1%)

他に人気のある進路は、市町村の公務員:公衆衛生関係(政令指定都市の?)、
製薬・医療関係、国家公務員:農林畜産関係などです。

獣医学科のある大学に進学を決める学生は、
最初は小動物臨床(犬猫のお医者さん)を目指してる人が多いのですが、
卒業の頃には半分に減っているということです。
その理由は何なのか、進学を決める前に少し考えてみてください。

最後に、獣医さんの年収などのデータについて紹介しますね。

就業者数(計) = 18887人
労働時間(平均) = 193時間/月
賃金(平均)   = 582.61万円/年
年齢(平均)   = 34.4歳

公務員の賃金はもう少し高いそうですが…

上記の年収は小動物臨床で開業をしている人と開業をしていない人と
公務員なども含んだ平均賃金です。
小動物臨床の勤務の獣医師では、頑張って400万円/年
副院長クラスで600万円/年、開業して院長になると上限なしです。
(聞いた話では、院長はベンツ出勤、その他は自転車出勤てとこも^^;)
一日ハードに働いて、休日も少なく、収入も少なく、
人間を相手にするサービス業の職業です。
しかし動物を救っているという達成感は得ることができます。

勤務の労働条件の悪さ(健康保険、厚生年金の保障がなかったり)とか、体を壊した、
など諸所の問題もあり、開業しないとやっていけないと考える人が多いです。

開業のためには、病院を建設したり、テナントを賃貸する他、
レントゲンや血液検査などの高価な検査機器が必要になります。
開業と同時に大きな借金をかかえ、毎月のローンと生活費を支払うだけの
患者がこないとやっていけない日々が続くことになります。

獣医は自由診療なので、自分の診察の料金は自由に設定できます。
はじめのうちはローンに追われる日々と動物を救っている達成感に
はさまれての生活です。これが初めのうちだけですめば良いですが、
すまないと大変な事態に陥るということです^^;)
ストレスはローンだけでなく、飼い主さんとのトラブルからもおこります。
最近は訴えられ裁判になる獣医師も少なくはないです。

ちなみに親が開業獣医師なら、病院も検査機器もカルテもそろっているので、
ある程度の問題は解決してしまいます^ ^;)

以前は小動物臨床を3~4年経験したら開業という人が多かったようです
(地方では今もそうかもしれませんが)。

今は開業までに10年かける人もいるそうです。
しかし、とあるコンサルタント会社のデータには、
小動物の病院を開業してもやっていける年数はあと10年とありました。

一方で、開業しても経営が苦しくつぶれてしまう小動物病院も増えているそうです。

つまり、少しずつ小動物の獣医さんは飽和状態に近づいているということです。

小動物獣医師として成功するためには、腕の良さだけでなく、
人柄(聞く・話すなどの能力)、経営力、積極的学習のすべてが必要というわけです。

日本と世界の獣医師の現状を調べて知った上で、
どうにかしないといけないと話してくださった
とある動物病院の院長先生がいらっしゃいました。

わたしも早めにどうにかして欲しいのですが^ ^;)、
私は私のできる範囲で動こうと考えています。

先生がおっしゃるには、
「動物が家族にとってかけがえのない存在になることが、なによりの解決法」
ということです。

詳しくお話しを伺ったときは、なるほどと思いました。
私のHPが少しでもその手助けとなれば幸いだと思います。

 ◆ 新しいページ ◆