新人獣医師ikaと猫のぼたん・ひまわりの生活、ペットグッズを紹介

TOP  <  猫・子猫の飼い方  <  猫の手作りごはんのポイント

猫の手作りごはんのポイント


      RSS 配信中

お肉も野菜も入って100g30円?!
スーパーなどで売っている安いキャットフードは安いなりの理由があります。

食べさせてはいけない!―ペットフードの恐ろしい話

ペットフードで健康になる!

猫が健康に長生きできるように、
人が普段食べてるような、きちんと安全だと保証されている食材を
使用して手作りごはんをあげたい!
そんな方々の応援になるような情報をお届けできたらと思います。

猫は肉食獣なのですから、人(雑食)と同じように作れば良いわけではありません。
どの材料を使いどう調理すればよいのか、作る上でのポイントがあります。

手づくり健康ごはんに、まずはすぐに役立ちそうなものから☆

▲▽▲ 手作りごはんを作る前に ▲▽▲

長続きが大切です。

栄養バランス、カロリー計算とあれこれ考えて作るのは大変だし、
やる気をそいでしまうポイントかもしれません。
でも手作り食の効果をしっかり体感するには長く続けることが必要です。
すでに栄養学的に計算された猫の手づくりごはんレシピ本を参考にして
作ることが一番安心です。

ナチュラル派のためのネコに手づくりごはん

かんたん!手づくり猫ごはん

てづくり猫ごはん―健康と幸せな毎日のための簡単レシピ60

酸素・水>栄養素!

生きていくためには酸素が必要です。
十分に運動をさせ、酸素を取り込むことが第一です。
水は、ドライキャットフードにお湯をかけただけでも
皮膚病が良くなる例もあるほど大切です。

栄養素については、体内で合成できないもの
(必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルなど)を与えれば
あとは体が必要なものを作り変える
ので大丈夫です。

ペットの循環式水飲み器【フレッシュファウンテンコンパクト】
猫の好きな「流水」を作ることで、清潔で新鮮な水をいつもより多く摂取させる工夫があります♪尿道結石の予防にも!
我が家でも同じものを使用してます。

賢く保存する!

手づくり食はキャットドライフードよりも時間がかかるのは当たり前のことです。
しかし、週に一度まとめて作って冷凍保存し、食べるときに解凍する方法もあります。

動物性タンパク質(推奨:鶏肉)をメインに与える。

肉類(精肉+内臓)の割合は、食材全体の50~80%
野菜と穀物は、その残りを等分にしたくらいが目安となります。
    肉、魚:穀類:野菜類 = 7:1:2     (精肉:内臓 = 5:1も目安に。)

猫の食べさせて良いもの、いけないもの、必要な栄養素について知る!

<< 猫に食べさせてはいけないもの >>

 ・ ネギ類
 (長ネギ、タマネギ、ニラ、ワケギ、らっきょう、ニンニクなど)
 ・ 生のイカ、タコ、エビ、貝類、魚類
 ・ 生卵の白身(未加熱)
 ・ アワビ、サザエ、トコブシの内臓
 ・ 動物や魚の大きな骨、硬い骨、鋭い骨
 ・ 塩分の多い食事
 ・ 香辛料
 ・ お菓子(チョコレートも!)
 ・ お茶、コーヒーなどのカフェイン類        等

意外なものが、猫にとって危険であったりします。
また別のページで詳しく特集します。

▲▽▲ 猫の手作りごはん重要ポイント!! ▲▽▲

「猫の体の中で作ることの出来ない栄養素を、ごはんの中にとり入れてあげる」
ことが大切です。

必須アミノ酸である「タウリン」は絶対に必要!

タウリンは動物性タンパク質に多く含まれています。
つまり、肉や魚を中心に与えれば大丈夫!

ただしマグロやアジなどの背中の青い魚の鮮度と
与えすぎには要注意です!

タウリンが欠乏
 … 拡張型心筋症をおこしたり、中心性網膜変性となり失明してしまったりします。

 タウリンが充分に摂取されていれば猫の眼がキラキラと輝いてとってもきれいです。
 天然タウリン100%~【SPIRITa スピリッタ 5.1g】

青魚の脂肪が古くなり酸化
 … 抗酸化作用を持つビタミンEが欠乏し、黄色脂肪症
  (イエローファット)になってしまいます。

 魚や魚油を使用する場合はビタミンEを添加してあげると良いです。
 また、ビタミンEは鶏肉、牛肉、卵黄、小麦胚芽などに多く含まれます。
 酸化したビタミンEをもとに戻す役割を持つビタミンCも非常に重要です。

必須脂肪酸は、リノール酸 ・ α-リノレン酸 ・ アラキドン酸 の3つ

食事に含まれる脂肪は嗜好性や口あたりの良さに関係します。
これらは皮膚や毛、腎機能、生殖機能に影響を与えます。
リノール酸、α-リノレン酸は一部の食物油に含まれています。
また、食物油に含まれるγ-リノレン酸はアラキドン酸を合成することができます。
アラキドン酸は動物性タンパク質(豚レバーなど)に豊富に含有されています。

豆腐の大豆で作った油

【プロ仕様の厳選素材です】豚レバー500g

サーモンオイルSOS
オメガ3脂肪酸が豊富

猫はβ-カロチンからビタミンAを合成できない!

ビタミンAは主にレバー(肝臓)に含まれています。
肝臓は体内の解毒器官でもあるので、食材選びは慎重に行いましょう。

ビタミンAは欠乏すると眼球乾燥症、運動失調などをおこし、過剰になっても骨疾患、歯肉炎などがおきてしまいます。サプリメントを使う場合は慎重さが必要です。

猫は炭水化物をそれほど必要としない。

食べさせていけないことはないですが、無理をして米やイモを食べさせる必要はありません。

ナイアシン(ビタミンB3)を摂取する必要がある。

猫はトリプトファンをナイアシンに変換できないため、食物から摂取する必要があります。 鶏肉や魚(カツオやブリなど)に含まれています。

ナイアシンは熱や酸、アルカリに強く、普通の調理法で分解されないので安心して調理ができます。

ビタミンB1(チアミン)を分解するチアミナーゼという酵素を熱で失活させる!

調理方法によってはビタミンB1は90%が分解されてしまうことがあります。
魚類(生魚、内臓も)、貝類、甲殻類(カニやエビなど)は必ず加熱して食べさせることが大切です。
タンニン(ポリフェノール)もチアミンを分解してしまいます。
タンニンは、柿・赤ワイン・紅茶・烏龍茶などに含まれます。

▲▽▲ その他のポイント ▲▽▲

 ・ 卵は週に1~2個まで。


 ・ 野菜は生をフードプロセッサーで細かくして与える。

NEW あじのさと フードプロセッサー


 ・ バランスアップにサプリメント!

アズミラ
Mega Pet Daily(メガペットデイリー)
マルチビタミンミネラル基本サプリメント

人用のマルチビタミンピルクラッシャー
細かくして与えても良いようです。



関連するページはこちら

- PR -

 ◆ 新しいページ ◆ 
ニッセン
リンク先:ホリスティックケア・カウンセラー養成講座トップページ