トップ画像

TOP  <  猫の困ったを解決!  <  中毒を起こす人の食べ物

少量でも危険!中毒を起こす人の食べ物


      RSS 配信中

人の食べ物のなかには中毒を起こすものや、刺激が強すぎるものもあります。

何でも与えたり盗み食いを放置してはいけません。 盗み食いの癖のある猫の目や手の届くところに、人の食べ物を置かないようにしましょう! また、子猫のうちから人のものは一切与えず、興味をもたせないことが大切です。

猫が食べると危険なものは、しっかり覚えてうっかりあげたりしないように。 もし口にしてしまった場合は、下痢や嘔吐や中毒症状が出る前に、気付いたらすぐに動物病院へ! もちろん症状が見られた場合もすぐに病院へ連れて行き、処置や治療をしてもらいましょう。

ネギ類(ネギ、玉葱、長ネギなど)

n-プロピルジスルフィドという成分が猫の赤血球を壊して貧血や血尿を引き起こします。 刺激臭があるので生で口にすることは少ないです。しかし、ハンバーグやカレー、すき焼き、鍋など調理された 状態で食べても下痢や嘔吐、血尿などの中毒症状が見られます。

また、一緒に料理してネギの部分だけを除いても、ネギのエキスは摂取されてしまいます。 すぐには症状がでなくても、長年食べ続けるとタマネギ中毒になり、貧血症状が現れるようになってしまいます。 少しでもネギ類が入ったものは与えないようにしましょう。

チョコレート

カカオに含まれるテオブロミンという成分が中毒の原因です。 中枢神経、心臓、腎臓に影響を与え、嘔吐、下痢、頻尿、興奮、けいれんなどを起こすことがあり、 最悪の場合、死に至ることもあります。 カカオが含まれるお菓子類はどれも中毒の原因になります。

コーヒー、紅茶、緑茶など

これらの飲み物に含まれるカフェインが中毒を起こします。 症状はチョコレートやココアに含まれるテオブロミンと同様です。 とくに茶葉は液体よりもカフェイン濃度が高いので、摂取するとより危険です。 人間の栄養ドリンクを猫に飲ませるのも、大量にカフェインが含まれているため大変危険です。

生のエビ、タコ、イカ、カニ、魚の内臓など

生のエビ、タコ、イカ、カニ、魚の内臓などはビタミンB1分解酵素を含むため、 口にすると急激にビタミンB1欠乏症になります。けいれんなどの神経症状を起こして、死に至ることもあります。 猫はビタミンB1要求量が高いために、欠乏症を起こしやすい生き物です。 完全に火を通せば問題はありませんが、中途半端だったり、調理中に捨てた内臓類を猫が食べると危険です。 加熱処理と取扱いには充分注意が必要です。

また、イカやタコは非常に消化が悪く、食べすぎると胃腸障害から下痢や便秘を引き起こします。 イカやタコが大好きだからといっても、与える場合はよく煮てほんの少量程度にしましょう。

アワビ

アワビを食べると耳が漆にかぶれたように赤く腫れあがります。放置しておくと皮膚炎を起こし、 その部分が黒く変色して欠け落ちてしまうこともあります。 これはアワビの肝臓が原因です。肝臓に含まれる物質の中に、日光にさらされると光化学反応によって毒をつくるという成分があるためです。 猫の耳は体と違い、毛が少なく、じかに太陽を浴びてしまうため、この反応が起こりやすいといわれています。

 ◆ 新しいページ ◆