新人獣医師ikaと猫のぼたん・ひまわりの生活、ペットグッズを紹介

TOP  <  猫の困ったを解決!  <  猫と人間のシャンプーの違い

猫と人間のシャンプーの違いとは?


      RSS 配信中

人間用のシャンプーを猫に使用してもいいのかな?
と、疑問に思う人は多いと思います。

答えは「NO」でもあり、「YES」でもあります。

人間用で、値段が高くて「お肌にやさしい」とか売り文句にしていれば良い、
というわけではありません。

大事なのは、シャンプー剤の成分です。

シャンプー解析サイトの情報や犬猫の皮膚学をもとに、
犬猫のシャンプー・リンスについて考えてみました。

シャンプー・リンス(コンディショナー)の基本的な役割

人間も犬猫もシャンプー・リンスにおける基本的な役割は同じです。

まずシャンプーの陰イオン界面活性剤で汚れを浮かし落とします。
シャンプーはその成分によって、アルカリ性に傾くものがあります。
(高級アルコール系シャンプーや石鹸シャンプーなど)
毛の表面は弱酸性なので、アルカリのままでは毛が痛んでしまいます。

リンスは陽イオン界面活性剤で、シャンプーの陰イオンを中和します。
また、シャンプーのアルカリを中和して、弱酸性に戻すのが(本来の)主な役割です。
他に、皮膜を作り、ツヤや潤いを与え、静電気防止、櫛通りの改善などの効果が
あります。

シャンプーとリンスを同時に使うと中和してしまうので、
単純に混ぜただけではそれぞれの能力を発揮することはできません。

リンスインシャンプー

シャンプーの分子を小さくする(10万分の1ミリ以下)ことで、
先にシャンプーの分子が頭髪の油分・汚れを落としてから、
より大きいリンスの分子が作用する、という仕組みになっているようです。
両性界面活性剤であり、ただ混ぜただけのものではありません。
時間の短縮にはなりますが、効果はマイルドです。
しっかり効果を期待したいなら、リンスとシャンプーは分けて使うほうが良いです。

時間短縮を考えるなら、リンスのいらない良質な成分のシャンプーで
仕上げると良い
です。(詳細は次のページで)

リンスとコンディショナー

リンスとコンディショナーに厳密な区別はありません。

ヒトの代表的なシャンプーの成分

人間用のシャンプーの洗浄成分には、硫酸系、アミノ酸系、
ベタイン系、グルコシド系、たんぱく質系といったものがあります。

市販されているもののほとんどが、ラウリル硫酸ナトリウムなどの
名前に硫酸が入った「硫酸系」で、高級アルコールを原料とした洗浄剤です。

この硫酸系のシャンプーは洗浄力が大変強く、原価が安いので広く使われています。
脱脂力が非常に強く、痒みやフケ、薄毛の原因にもなり、
敏感なお肌には良いとは言えません。

さらに環境にも悪いといわれています。

硫酸系以外の洗浄剤は髪に対し良い効果を発揮しますが、洗浄力は控えめです。

ヒトの代表的なリンスの成分

人間用のリンスの成分もいろんな種類があります。
リンスの中でも悪名高いのは「シリコン(正確にはシリコーン)」です。
手触りや良くなり、ツヤやかで、仕上がりがとても良く感じるのですが、
毎日使い続けると少しずつ毛が痛み、薄毛の原因になると言われています。
ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル」などの成分名がシリコンです。
市販されているもののほとんどに入っています。

ヒトでさえ良くないのに、「~硫酸」のシャンプーも、
「ジメチコン、シクロメチコン」入りのリンスも、
おどろくほど沢山あります。

私が気に入って使用しているアジエ○スにも入っていましたし、
薄毛を気にしている母にリクエストされてプレゼントした○クシタンのリンスも
成分のほとんどがシリコンでした(笑)

「ヒトのシャンプーを猫に使ってはいけない」と主張する人は、
こういった成分のものが犬猫の皮膚被毛に与える影響を考慮しているのだと
思われます。

次のページでは、人間にも使用できる理想の猫シャンプーを紹介します。

 ◆ 新しいページ ◆