新人獣医師ikaと猫のぼたん・ひまわりの生活、ペットグッズを紹介

TOP  <  猫の困ったを解決!  <  錠剤・カプセルの投与方法

猫に薬を上手に飲ませる方法 (1)


      RSS 配信中

動物のお薬の種類は、注射薬・内服薬・座薬・軟膏・目薬など
人間と同じように分けることができます。

内服薬とは「飲み薬」と呼ばれているもので、
散剤・顆粒剤・錠剤・カプセル剤・液剤などです。

どういった種類や形のお薬にするかは、動物の健康状態や性格、
飼主さんの希望などを考慮して獣医師が決めてくれますが、
お薬が内服薬であった場合、お薬を飲ませるのは飼主さんの大事な役目になります。

ここでは内服薬(散剤・錠剤・カプセル)の飲ませ方(経口投与)について説明します。

食餌にまぜて与える

食べてくれさえすれば、もっとも簡単な投与法です。

しかし、お薬の匂いや味に敏感に反応してしまい、
薬を混ぜたごはんを食べ残してしまうと投与量は不十分になります。

そのため、嗜好性のよいお気に入りのウェットフードを一口サイズにして、
その中にお薬を埋め込むか、タブポケットのような投薬用の食餌に包んで
一口で食べさせる方法が確実です。

病院によっては、散剤は少量のマヨネーズで練り込んで歯茎にぬり、
舐めさせる方法を指導しているところもあります。

抜群の嗜好性で投薬をラクに。【投薬関連用品】おくすりちょーだい

食欲のない猫にご飯を食べてもらうようにする方法を強制給餌といいますが、
ご飯にお薬を混ぜてついでに飲んでもらう方法もあります。
猫の強制給餌には、柄の長いスプーンやシリンジ(注射器)を使います。
シリンジは通常だと先端がほそくなっているので、
筒先を切って好みの大きさにすると便利です。

直接お口に入れる

少しコツのいる投薬方法です。

・ 飲ませ方
片手で上顎犬歯の後ろのわずかな隙間をつかみ、上を向かせます。
もう片方の手の親指・人差し指でお薬(錠剤やカプセル)をつまみ、
中指で猫の下顎の切歯(正面の小さな歯)をさげて口を開きながら、
お薬を舌の根元に投与します。

投与後すぐに口を閉じた状態で顔を上に向かせ、鼻に息を吹きかけたり、
喉をやさしくさすってあげて、お薬を飲みこんでもらいます。

猫がペロペロしだしたら、たいていの場合飲みこめています。
心配ならもう一度お口をあけて、薬が残っていないか確認しましょう。

・ 保定
1人でお薬を飲ませるのが大変なようなら、助っ人に猫を押さえてもらいます。
前足を出して嫌がる子には、首の周りにタオルを前掛けのようにかけたり、
バスタオルで包みこむのもひとつの方法です。


お薬が飲みこまれずにお口に残ると
薬が溶けてしまい正確な投与量が与えられなかったり、
溶け出した薬の苦みでよだれが大量に出たりしてしまうことも。

お薬を飲むのに非協力的なこの場合、
プラスチック製の投薬器(インプッター:カプセル・錠剤投薬器)を用いると、
喉の奥にお薬を投与するのが簡単になります。

- PR -

 ◆ 新しいページ ◆