新人獣医師ikaと猫のぼたん・ひまわりの生活、ペットグッズを紹介

TOP  <  猫の困ったを解決!  <  荷物の積み出し、その後

猫とお引越する方法(荷物の積み出し~その後の対応)


      RSS 配信中

逃げ出さないように!

新居に着いた瞬間に猫を放すのは危険です。

荷物を部屋に入れる作業が終わるまでは、前の家と同じように
お風呂場や部屋のひとつに食事、水、トイレ、猫のベッドなど置いて
安全な場所に猫を待機させましょう。

荷物を入れ終わったら

猫の愛用品はすぐにダンボールから出してあげてください。
前の家から持ってきた使い慣れた猫トイレや猫ベッド、おもちゃ、家具などは、
自分のニオイがついていて猫は安心できます。
猫トイレは臭いがこもらない静かな場所に設置してください。

新居で猫のストレスを軽減する工夫として、
家具の配置を前の家と同じようにする方法もあります。

家の中が落ち着いたら猫を部屋から出してしばらく自由に探検させましょう。
ナーバスになってベッドの下などにもぐり込んでしまうかもしれませんが、
しばらく猫の好きなようにさせておきましょう。
時々声をかけて安心させてあげてください。

猫が新しい環境になれるまではなるべく沢山話しかけて、
普段以上にスキンシップを心がけてあげましょう。

しばらくは猫といっしょにいる時間をなるべく多く持ち、
甘えてきたら目いっぱい相手をして遊んであげてください。

ご近所へ挨拶!

引越し先でのご近所トラブルを避けるためにも、最初にきちんと挨拶に出向き、
猫がいることを伝えておきましょう。
マナーを守り、迷惑をかけずに飼うのは当然ですが、動物好きのお隣さんなら
猫を通して親しくなれるかもしれません。
ご近所に猫がいることを知らせておけば、いざというとき(脱走や火事など)
の助けになることもあります。

猫を外に出す場合は・・・

着いた当日に猫を外に出すとパニックを起こし居なくなってしまう心配もあります。

どうしても以前と同じように外出自由な猫にする場合は、猫が新居を
自分の家だと理解して馴染むまでの数日間は外に出さない方が良いです。

前の家に帰るより今の家に慣れた方がよいと猫が思うまで外に出さないようにして、
猫に家出をされないように注意してください。

- PR -

 ◆ 新しいページ ◆