新人獣医師ikaと猫のぼたん・ひまわりの生活、ペットグッズを紹介

TOP  <  猫の困ったを解決!  <  引越し前の準備

猫とお引越する方法(前準備)


      RSS 配信中

今まで住んでいた場所から違う環境に移動しなければならない引っ越し。
環境の変化に非常に敏感な猫は、安住の地が失われることに
大きなショックを受けてしまうこともあります。

猫に家出されないように、ショックをやわらげる
出来るだけのことをしてあげましょう。

完全室内飼い、ペット可物件に引っ越すことを前提にすすめていきます。
(外飼いでも、引っ越しを機に完全室内飼いにするのがお勧めです。)

家具や猫トイレは新しくしない!

引越を機に家具や猫のトイレを新しくしたい!など考えてしまうこともあります。
しかし、引越し先で家具など変化して自分のニオイがなくなってしまうのは、
猫にとってはうれしいことではありません。

猫の家出の原因にもなります。
新居まで持っていき、最低2週間は古い猫トイレを使い続けるようにしましょう。

猫の居場所を確保!

引越しの準備中は家具が移動したり、見知らぬダンボールがどんどん増えたり、
雑然としてしまいます。

部屋の模様替えをしただけでも不安になり粗相をしたり家出をしたりする子もいます。
神経質な猫だと大きくストレスを感じ、食欲不振、下痢、元気がなくなる、
過剰なグルーミングなどの問題を抱えてしまうこともあります。

引越しは猫にとって、人間の何倍も大変なものだと理解してあげてください。
引越しが決まったからといって突然ドタバタと片づけを始めるのではなく、
荷造りはなるべくゆっくり、時間をかけて行いましょう。

自分の居場所がなくなってしまうストレスを猫にかけないように、
猫の居場所はきちんと安全に確保してあげて、
できるだけ優しく接して、不安をやわらげる工夫をしてあげてください。

業者さんに荷造りをお願いする

引越し前にバタバタしてしまうと猫に目が行き届かなくなることもあります。
引越し業者さんが荷造りから全部やってくれるプランなら
当日まで普段通りの生活をキープすることができ、猫の負担も少なくすみます。
そういったプランを選択するのも一つの方法です。


引越ならダック!!大事なペットとのお引越しもダック引越センターにご相談下さい!

迷子札を用意!

慣れない引越しだと、開いている窓やドアから逃げ出してしまうこともあります。
首輪にマジックで新しい電話番号や住所を書いたり、迷子札をつけておきましょう。
引越し前にいきなり首輪をつけるのも負担になりますので、
普段から慣れさせておくのが大事です。

動物病院でマイクロチップを入れてもらうこともできます。
かかりつけの獣医さんに相談してみてください。

- PR -

 ◆ 新しいページ ◆