新人獣医師ikaと猫のぼたん・ひまわりの生活、ペットグッズを紹介

TOP  <  猫の困ったを解決!  <  夏の暑さ対策  <  水分補給とクールなアイテム

猫の暑さ対策! 水分補給とクールなアイテム


      RSS 配信中

前ページの続きで、水分補給と暑さ対策のグッズについて説明します。

水分補給をしっかり!

体を冷やし、新陳代謝を活発にする意味で、
夏場も水はしっかり飲んで補給してもらいたいです。

猫は自分で必要量を飲むので、夏は水が不足しないようにと、
衛生管理をしっかりしてあげましょう。

水の中にを入れてあげると喜ぶ猫ちゃんもいます。

 飼主さんができる工夫
 ・ 頻繁に水を替えてあげる(1日2回以上)
 ・ 何カ所かに置いておく
 ・ 氷を入れる

1カ所しかない水入れがひっくり返っていて
熱中症になっていたというケースもあります。

暑さ対策のグッズを使用

猫の暑さ対策グッズについてまとめたページも参考にしてください。

クールマットなど、どんな種類のものでも、
好みに合わないと猫ちゃんは使いません。
お家の猫ちゃんが気に入るものを見つけてあげましょう。

冷凍庫の有効活用

保冷剤、凍らせたペットボトル、アイスノンなどをタオルでしっかりくるんで
冷たすぎない状態にして、ベッドなどのお気に入りの場所に置きます。

水が出るアイテムはカビに注意!
凍らせたペットボトルなど、溶けるとまわりに水滴が発生します。
タオルにくるんだままベッドに置いておくと湿っぽくなり、
カビやダニの温床になりがちです。

清潔で気持ちの良いベッドを使えるように、
定期的に洗濯・乾燥などのお手入れをしてあげてください。

扇風機

窓と反対側の部屋の隅に扇風機を設置し、
窓に向かって風を送るようにします。
そうすれば空気が動かないよどんだ熱気や湿気も動かすことができ、
お部屋中の空気が気持ち良く換気できます

猫ちゃんが扇風機に足を入れて怪我をする可能性もあるので、
いたずら好き猫ちゃんがいる場合は足が届かない壁掛けタイプや
手の入らないような構造のものを選ぶとよいです。

ペットにも安全そうな構造の扇風機はけっこうあります。
節電・停電対策にもなる、充電式と電源両方選べる扇風機もあります。

充電式サーキュレーター 扇風機 LEDライト24灯&FMラジオ付き

多機能充電式サーキュレイター 直径30cmの大型ファン

FM-AMラジオ LEDライト付き 充電式 扇風機

窓にはしっかり防犯対策と脱走対策をしましょう!

その他

直射日光が当たって暑くなる部屋は、
熱を遮る機能もある遮光カーテンがおすすめです。

また、人の熱中症対策でよく紹介されるような、緑のカーテン
断熱作用のあるフィルムを窓に貼るのも有効です。

1級遮光カーテン♪UV99%カット! 防寒防暑に活躍。36色1級遮光断熱オーダーカーテン

アサガオや野菜で
天然よしず・すだれ♪
緑のカーテン

夏冬兼用!冷暖房効率を大幅にアップ!UV99%カット!省エネ窓ガラス 断熱フィルム

ベランダの日よけには、日よけスクリーン、サンシェードなども人気があります。

手軽で場所を取らない♪
つっぱり式の日よけ防水スクリーン!

日よけ 目隠し たてす テラス ベランダ
スクリーンサンシェード

猫のサマーカットについてですが、獣医師の立場からすると
あまりおすすめはできません。

猫は被毛を立てたり寝かせたりして体温を調節し、夏の暑さから体を守っています。
刈り込み過ぎると、体温調節機能を奪ってしまうことになります。

毛玉はできると体温調節ができなくなる(被毛間の空気の層がなくなり蒸れる)ので、
毛玉ができやすい長毛種の猫ちゃんは定期的にブラッシングしてあげてください。


(参考)熱中症の見分け方と対処法
初期 : 意識はあるが、舌を出してパンティング(口でハァハァ呼吸)している。
    体温は40℃くらい
    処置...保冷剤など体に当てて冷やす、エアコンや扇風機を強くかける
        飲めるようなら冷たい水を与える
        体温計を脇の下に入れて計り、体温が下がるように冷やし続ける。
        症状の程度によっては動物病院に電話して、冷やしながら運ぶ。

重症 : 意識がないことも。体を触るととても熱い。体温は41~42℃くらい。
重体 : 血便・鼻血・吐血など。体温は43℃以上。
    処置...急いで冷やす!(重症以上だと助かる可能性は高くはない)
        体ごと水に入れる。保冷剤などを体に当てて冷やす。
        動物病院に電話をして急患を診てくれるか確認する。
        保冷剤や氷を包んだタオルなどを体に当てて、冷やしながら運ぶ。

関連するページはこちら

スポンサード リンク

- PR -

 ◆ 新しいページ ◆