新人獣医師ikaと猫のぼたん・ひまわりの生活、ペットグッズを紹介

TOP  <  猫の困ったを解決!  <  夏の暑さ対策  <  避難場所をつくる

猫の暑さ対策! 暑さをしのげる避難場所をつくる


      RSS 配信中

ペットを室内飼いしている人にとっては、
夏の暑さをいかに対策するかは毎年悩むところです。

真夏で猛烈に暑いときは、ペットのためにエアコンをつけて外出することも。
しかし外出中に停電がおきたりすると、エアコンでは電源が切れてしまいます。

外から帰るとペットが熱中症で倒れてパンティング(口呼吸)しており、
いそいで動物病院に運ばれた話も、そこまで珍しいものではありません。

ここでは愛する猫のためにしてあげたい、夏の暑さ対策を紹介します!

 < ポイント >
 ・ 暑さをしのげる避難場所をつくる
 ・ 水分補給をしっかり!
 ・ 暑さ対策ができるアイテムやグッズを使用する

暑さをしのげる避難場所をつくる(温度と湿度)

猫の祖先は砂漠出身だから暑さには強いともいわれていますが、
日本の高温多湿の気候ではやはり参ってしまいます。

猫も人と同じで、湿度は50~60%が快適です。
温度は育つ環境にもよるようですが、エアコンの中で育った猫は
暑さにも寒さにも弱いと考えられています。

部屋の温度、湿度が日中にどれくらいになっているかは、
留守が多かったり、在宅中ずっとエアコンを入れていたりするとわかりにくいです。

そういうときは、猫が気に入っている場所に「最高最低温湿度計 」を使用すると
どれくらいの環境で過ごしているのかがわかります。

留守中に室温がどうなっていたのかを知ることができれば、
翌日からの温度管理に役立てることができます。

最高最低温度計は、そのときの温度を表示するだけでなく、
今までで1番高かった温度と1番低かった温度も表示します。
温度に加えて湿度も計ることのできるタイプもあります。

SATO デジタル温湿度計 ルームナビ 【部屋の最高・最低温湿度を常時表示】 PC-7700 1067-00

猫が自由に出入りできる場所に、暑さをしっかりしのげて涼しく過ごせる、
お気に入りの場所をつくってあげてください。

外出するときにケージに猫を入れているような場合も、
涼しい場所を選んでケージを設置しましょう。


直射日光が当たる部屋や、木造の最上階、車の中などは、日中かなり暑くなります。
暑さから逃げ場のない部屋に猫を閉じ込めては絶対にいけません!!

できればお風呂場や脱衣所、玄関などの涼しい部屋に
移動できるようにしてたいものです。

お風呂場に出入りできるようにするなら、お風呂の水は抜いておきましょう。
玄関は猫ちゃんが飛び出していくと困る場合、開放するのは在宅時だけにしましょう。

石のひんやり感が好みなら、石(御影石や大理石)のペットマットもあります。


エアコンの冷房を苦手にする猫ちゃんもいます。
エアコンを入れていても、好きな場所に自由に移動できるようにしてあげましょう。

体温調節がしやすいように、涼しい場所と暖かい場所の両方があることが理想的です。

熱のこもりやすい部屋でも、通気・換気をしっかりすれば風通しがよくなり、
(熱風でなければ)暑さはやわらぎます。
防犯対策と脱走対策をしたうえで、お風呂場の小窓をあけたり、
換気扇や扇風機を回してあげたりしましょう。

次のページに続きます。

- PR -

 ◆ 新しいページ ◆