新人獣医師ikaと猫のぼたん・ひまわりの生活、ペットグッズを紹介

TOP  <  猫のペットショップ  <  お洒落にハーネス

防災、通院、お散歩に! 猫用ハーネス (リード)


      RSS 配信中

室内飼いの猫ちゃんでも、ちょっとそこまで一緒にお散歩へ・・・。

わんちゃんとお散歩へ行くように、猫ちゃんにリードをつけて
お出かけするために必要なアイテムが、猫用のハーネスです。
ハーネスは動物病院への通院や、震災時の防災グッズとしても有用です。

犬と違い、猫では首輪にリードを着けただけでの散歩はおすすめしません。

猫の体は犬よりもしなやかで上下運動の能力が高く、
また、狭くて細い場所に入りたがる性質があります。

わんちゃんと同じようなリードだと、いざというときに首をつる事故が起きやすいです。
狭い場所に入り込んでしまった場合、引いて戻そうとするとリードが外れたり、
首や気管を痛める恐れもあります。

猫ちゃん用のお散歩にはハーネスを利用します。
ハーネスなら、引っ張りぐせのある子や首・気管支の弱い子、
体の弱い子猫や老猫などでも首や気管に負担をかけず、
安全にお散歩することができます。

猫用ハーネスの種類

主に2つのタイプに分けられます。

・ 紐タイプ
紐タイプは、洋服タイプほど猫の動きを制限しません。
しかし装着しにくいわりに、簡単に抜けられてしまいます。
油断すると抜けてしまうので、散歩中にゆったりくつろげません。
また、首つり状態になる危険もあります。

・ 洋服(ベスト)タイプ
首回り~胴回りまでカバーするので、紐タイプよりもずっと抜けにくい構造です。
デニム、チェック、水玉など、見た目が可愛いものがたくさんあります。

サイズを間違ったり装着が甘いと、やはり抜けられてしまうことがあります。
しっかり装着できさえすれば、猫が急に走り出してもほぼ大丈夫のようです。

長くつけ続けると、脇の部分がこすれて皮膚を傷める恐れもありますが、
1日1時間程度の短時間の装着なら、特に問題ではありません。

歩きやすいように改良されたハーネス もあります。

猫専門店が考えた猫用ハーネス!≪純国産≫

お洋服みたいにカジュアルなベスト型ハーネス

CAT,CAT,CAT! ホールドハーネス(デニム)

慣れるには訓練が必要!

どのタイプも慣れないと歩けないことが多いです。
動けなく固まってしまったり、ほふく前進しだしたり、
ジャンプして暴れだす子もいます。

慣れないと、装着も一苦労!
いざというとき、震災時などにいきなりつけると、
ストレスがさらに増えることになってしまい可哀相です。

まずはお家でハーネスを着せて、落ち着いて歩く練習をしましょう。
きちんと着れたようなら、猫ちゃんを抱えてベランダや庭先で様子を見ます。
大丈夫そうならお外を歩かせてみましょう。

ハーネスを着ると歩けなくなる子でも、お外に出すと興味から歩き出す場合もあります。
しっかりと装着できていることを確認してから試してみましょう。

嫌々ハーネスを着ている子には、着ている最中もしくは後に好みのおやつをあげ、
着ると良いことがあると思わせるのも効果はあるようです。

注意点

・ サイズ選びが重要
それぞれのハーネスのサイズ表を目安に選びます。

猫の体型は、ずんぐり、胴長、細身、筋肉質、大型など様々で、
くねくねしているので測定も難しいです。
長毛種は毛の厚み分大きくなります。

子猫のうちから散歩に慣れさせるのは理想的ですが、
成長期の猫は特に体重やサイズが変化してしまいます。

猫サイズが大きいと、選べるハーネスも少なく限られてしまいます。

・ お散歩サブアイテム!
外にお散歩へ行くときは、いざということも考えなくてはいけません!

首輪、迷子札(首輪に油性ペンで名前と番号でも)は絶対に必要です。
ハーネスに迷子札をつけることができるタイプもあります。

心配なら、マイクロチップやGPSを利用しても良いでしょう。

また、夕方~夜のお散歩では反射材(シールや鈴など)があればより安全です。
反射材があるなしでは、自転車や自動車からの反応が違います。


週末に猫と一時間ほど散歩したり、
庭につないで短時間遊ばせてみるのも楽しいです。

リードをつけている間は、ちゃんと見守ってあげてください。

- PR -

 ◆ 新しいページ ◆