トップ画像

TOP  <  猫のペットショップ  <  ネコちゃんのお洋服♪

猫ちゃんが服に慣れると便利なケース


      RSS 配信中

猫ちゃんには、わんちゃんのように洋服を着る(着せる)習慣はありません。 しかし猫ちゃんでも、服を着ることに慣れると便利なケースがいくつかあります。

  • 高齢になった猫の防寒対策
  • 手術後に着る術後服
  • 過剰グルーミング対策、怪我した患部を保護する  など

さむがりの子、首や胸元周辺を治療中で舐めてほしくない時など、
お洋服に慣れている子ならば毛の飛び散り防止にもなります。

ちょっとしたコスプレをさせて短時間だけ楽しみたい場合も、
服に慣れていれば大きなストレスになることを避けることができます。

高齢猫の防寒対策

暑い夏や寒い冬は、猫は被毛をフワッと立てることで皮膚と外気との間に
断熱層をつくり、断熱と保温の効果で体温調節をしていると考えられています。

健康な猫の防寒対策に服は必要ではありません。
高齢になった猫は、体温調節機能が低下するため、風邪などを引きやすくなるので、
服を着せることも防寒・風邪対策のひとつになります。

ただし、高齢になると、初めてのことを受け入れにくくなるので、過去に洋服を
着た経験がない場合は、それ自体がストレスになることもあります。
猫ちゃんの性格を考慮した上で、着せてあげてください。

国産ハンドメイド猫用ニット- OR306(ピンクボーダー+LOVEワッペン)Sサイズ

国産ハンドメイド猫用ニット- OR310(アイボリー+パープル+ケーキ飾り)

国産ハンドメイド猫用ニット- OR311(緑ミントボーダー+ワッペン)

手術後に着る術後服

避妊手術など開腹手術後の傷口を服で守ります。

手術後に抜糸が必要な場合、抜糸までの数日間は
傷口をいじらないように服を着せる動物病院もあります。
これには術後の患部を保護しつつ傷口がふさがるまでの間、
運動量を抑える効果
もあります。

ストッキネットという筒状の布で簡単に服の手作りをする病院もありますが、
専用の術後の保護服も開発されています。

術後ガードスーツキャット M ピンク


腹部の手術後の保護服として開発されたネコちゃんの体型に合わせた伸縮自在のガードスーツです。着脱もマジックテープで簡単に行えます。
サイズはS、M、Lの3種類。日本製です。

過剰グルーミング対策、怪我した患部を保護する

警戒したり、驚いてちょっとドキドキした猫は、気持ちを落ち着けるために
自分の身体を舐めてグルーミングをします。

しかし、皮膚にトラブルがあり、痒みや違和感があるため気にして
過剰にグルーミングして一部が禿げてしまうことも
あります。

皮膚に特に異常がないにもかかわらず、執拗に体を舐め続ける
過剰グルーミングの場合、環境の変化などからくるストレスが
引き起こしたものが多いと思われます

洋服に慣れている子であれば、グルーミングのしすぎで皮膚・被毛を
傷つけてしまうのを防ぐことができます。
また怪我した猫ちゃんであれば、
患部を保護し、猫自身が傷口を広げたり薬を舐め取ったりすることも防げます。

(歯を立てて体を傷つけてしまう場合などは、猫の鋭い歯は生地を
貫通してしまいます。猫ちゃんの様子を見ながら、エリザベスカラーとの
併用をお勧め
します。)

ただし、洋服を着ての治療は、洋服が苦手な子の場合、
ストレスを増大させることもあります。
一時的に、服で患部を舐める事を止められますが、
原因を取り除かない限り完治しません。

ネコはストレスを感じやすい動物です。
思いもかけないことがストレスの原因だったりします。

時間はかかるかもしれませんが、可愛いネコちゃんのため、
原因を探して治療してあげてください。

ニャンコの服 猫の体に合わせて作った服です

【送料無料!】シンプラーズ“キャットウォーク”グッドキャットランニング★(イエロー・ブルー・グリーン)

国産ハンドメイド 猫用ニット 一覧

キャットプリン 獅子舞にゃんに変身セット♪

犬猫アニマル・サンタ帽子・S

レジェンド伝説猫セット(リバーシブル)

猫は毎日自分で毛づくろい(セルフグルーミング)をしています。
セルフグルーミングには、毛を清潔に保ち、皮膚に刺激を与えて発毛を
促進する役割
があります。

服を着せる場合でも、着せないときも、長毛猫はもちろん、短毛猫でも、
定期的にブラッシングをしてあげましょう。

- PR -

 ◆ 新しいページ ◆